ギター入門〜選び方と弾き方〜

トップページ > チョーキングとビブラート

チョーキングとビブラート

ギター演奏でいうチョーキングとは、弦に対して直角方向に弦をずらし、発する音を変化させる演奏方法です。「弦」というものはその長さと、”テンション”が変わると発する音階を変えることができます。
具体的には、ギターのフレットを押さえるのはこの「長さ」を変えていることに等しいです。そしてギターのチューニングの際、弦の長さは変わらないのに緩めると低く、絞ると高くなるはずです。これは、”テンション”を変えている行為になります。
チョーキングは、ヘッドからブリッジまで真っ直ぐ伸びている弦を意図的に屈折させ、一時的に弦のテンションを変える演奏方法です。同じフレットからブリッジまでの距離なのに、弦のテンションが違うために発する音を変化させることができます。
また、このチョーキングは音階のつなぎ目のない連続したトーンとして聴こえます。引き絞ってから緩めるまで、音を発しつづけていれば滑らかにトーンを変化させることが出来るのです。
ギターには基本「フレット」が打ってありますから、しっかりとチューニングをすれば「どのフレットを抑えるとどんな音が出るのか」ということは決められています。しかし、このチューニング、あるいはギターによってはアーミングによって、連続した滑らかな音階移動が可能になり、ギター演奏の中では基本的な技術になっています。
そしてこの応用がビブラートです。ビブラートはトーンを意図的に震わせる技術になります。今度は弦を小刻みに引き絞ったり緩めたりを繰り返すことになります。
ギターを演奏する以上、このチョーキングとビブラートから逃れることはまず出来ないでしょう。アコースティックギターの演奏時でも、単音のノートを発する場合は常套手段といえます。
チョーキングやビブラートは、なかなか初心者では難しいものです。基本的にはピッキングした弦を「鳴らせたまま」弦を引き絞るのです。これにはコツはなく、やはり左手の筋力が必要となります。
チョーキングはフレットを押さえずに音階を変化させますから、ピッチがズレることがしばしばあります。それは「感覚」と「聴覚」で「このトーンまで」という具合に弦を引き絞ることになります。チョーキングでは主に半音チョーキングと全音チョーキングが用いられます。この際、トーンの「ピッチ」を合わせるのは完全に「経験」がモノをいいます。これはもはや「訓練」する以外に方法はありません。
また、チョーキングでピッチがずれてしまうようであれば、チョーキングをしない方がマシ、ということになってしまいます。
同様の原理を利用した「アーミング」は、今度は全ての弦が適用されますから、少し使用シーンが変わってきます。アーミングでは発している和音全てをトーンダウンさせたりトーンアップさせることができます。しかし、細かい取り回しではこのチョーキング・ビブラートには遠く及びません。是非練習して、モノにして欲しいテクニックの1つです。

 
 
ページのトップへ戻る