ギター入門〜選び方と弾き方〜

トップページ > はじめてのギター、選び方とは

はじめてのギター、選び方とは

ギターを習得するためには、まずギターを購入する必要があります。
楽器屋やインターネットで調べてみるとわかると思うのですが、本当に様々な種類、様々な価格帯のものが揃っています。
最初に購入するときには、本当に好みで良いと思います。
好きなギタリストが使っているようなもの、デザインが気に入ったものなど、指標は様々です。
楽器屋で選ぶ際には、「弾いてみますか?」と聞かれることが多いです。
楽器屋でギターを試奏する光景はありふれたものですが、これからギターを学ぼうと考えている方にとってはとても高いハードルです。事実、臆してしまうでしょう。
ですが、「楽器屋さんの店員」という存在は、とても身近なアドバイザーです。
様々なお客さんを相手にしていますから、楽器選びを相談する相手としては間違いないでしょう。
「これから始めようと思っているです」と楽器屋の店員に尋ねると、どんな音楽が好きか、どんなギタープレーヤーが好きか、などを質問してきてくれることでしょう。
価格帯としては、いわゆる「入門用」としては1万円台〜2万円のものも多くあります。
ですが、そのようなものはここではあまりオススメしません。
どうせならステージでも耐えられる実用モデルで練習した方が良いからです。
そして、ある程度「高い」楽器を手にすれば、ギターの練習も不思議と身が入るというものです。
そして、忘れてはいけないのがギターの周辺用具です。
ギターを買うだけでは、チューニングが出来ません。そして間違いなく「ピック」もあったほうがいいです。
楽器屋に直接訪ねると、これらのものが一手に揃いますし、「何が必要か」を質問しながら選ぶことができます。
エレキギターの場合、ギター本体、ギターケース、ストラップ、シールドケーブル、アンプ、チューナーもしくは音叉があれば、その日のうちからギターの音を出すことができます。
アンプに関しては、自宅練習用の小さなサイズのものを買うしかないでしょう。
メーカーとしては、ロック系であれば「マーシャル」のものが間違いないでしょう。
アコースティックギターやそれに電気のとおった「エレアコ」というギターを買うのであれば、アンプは必須ではなくなります。
一口にギターといっても必要なものは状況に応じて違うものなのです。
ただ共通して言えることは、最初のうちは「楽器を鳴らす」ことも難しいので、なるべく「エフェクター」の類を使用するのは避けた方が良いのではないでしょうか。
まずはアンプでの自然な音の鳴り方、楽器の鳴り方を体感してみてほしいものです。
そのためにも、あまり安いギターを買うのではなく、しっかりしたものを選んで欲しいと思います。
メーカーによって様々ですが、5万〜7万の価格帯のものであれば、ほとんどがステージでの実用にも耐えられます。
上を見るとキリがありませんから、ひとつの目安としてこの価格帯を意識してみるといいでしょう。

 
 
ページのトップへ戻る