ギター入門〜選び方と弾き方〜

トップページ > ギターの弦の選び方

ギターの弦の選び方

ギターの弦にもさまざまな種類があります。おそらく、購入されたときに張られていたのは一般的な太さのものだと思われます。一般的な太さの弦とは、一元の太さが0.009インチの太さに成っていると思います。これはスタンダードなタイプのもので、俗に「ゼロキュー」と呼ばれたりします。
一般的に、弦が細くなればなるほど弾きやすくなります。ギターには弦を抑えるだけではなく、意図的に弦を上下に動かしたりして音程を変える奏法があります。比較的長い時間弦を持ちあげて音程を変える奏法を「チョーキング」といいますし、小刻みに上下させて細かく音色を震わせる奏法を「ビブラート」といいます。弦が細いと、このような奏法が容易になります。
ですが、だからといって弦を細くしてもいいかというとそういう訳ではありません。弦の太さは「サウンド」に関係してくるからです。弦が細いとそのサウンドもどこか頼りなくなるものです。音楽のジャンルやアレンジによっては、それも悪くないのですが、またギターを始めたばかりのアナタは頻繁に弦を張り替えるなどということも手間だと感じるでしょう。プロの方はギターで弦を使い分けることもあるようですが、未だアナタの持つギターは一本なのではないでしょうか。ですから、やはりスタンダードなものを選んだ方が無難というわけです。
ですから、弦の太さはとりあえず「ゼロキュー」にしておきましょう。ギターの弦のメーカーにも様々あります。本来はいろいろな弦を弾いて違いを確かめてみたいところでしょうが、これもまた、同じ日に何回もギターの弦を張り替えるのも手間だと思います。もちろん、こだわりを持つ方は様々なメーカーの弦を次々に取り換えて試してみても構いません。張ってからどれくらいでチューニングが安定するのか、同じ太さでもどのように演奏感覚が違うのか、硬さはどうなのか、などです。
その違いは個人的な感覚によるところが大きいですし、一概にどれがいい、と言いきれるものではありません。また、ギターを始めたばかりではもしかすると全て同じように感じてしまうかもしれません。
もしそのようにギターの弦に迷ってしまったら、とりあえずオススメするのは「タダリオ」というメーカーのギター弦です。ダダリオは明るいサウンド、そしてピッチ、つまりチューニングの安定性が最大の特徴です。プロからアマチュアまで、世界中のギタリストに愛用されている弦です。ジャンルとしてもロックからポップスまで、様々なシーンで使われていて、最も信頼できるギター弦のひとつです。
ギターが上達していくにつれて、この「弦」に対するこだわりも出てくるかもしれませんが、とりあえず「ダダリオ」の「ゼロキュー」を選んでみてもいいのではないでしょうか。楽器屋にいけば、まず置いていない店はないでしょう。

 
 
ページのトップへ戻る