ギター入門〜選び方と弾き方〜

トップページ > 誰でもつまづく「F」の壁

誰でもつまづく「F」の壁

ギターを演奏していくうちに、どうしても「押さえられないコード」が出てきたりするものです。その最も典型的なコードが、「F」でしょう。6弦から1弦まで鳴らすポジションの場合、ルートは6弦の1フレットです。ギターのネック、フレットの感覚を見てみるとわかると思うのですが、1フレットから2フレットの感覚が一番広いことが分かります。最も低いポジションのFメジャーの一般的な押さえ方は、1フレットを6弦から1弦までセーハ、つまり人差し指で全て押さえ、残る三本の指で各構成音を再現するポジションです。この際、1フレットでのセーハが困難になるケースは、ギター初心者方が避けて通れない局面です。
よくある悩みとしては「6本の弦全てがキチンと鳴らない」というものです。これはセーハしている人差し指、或いは残る三本の指のどれかが、弦をしっかりと押さえられていないことが原因です。ストロークしてみた際に「ビリビリ・・・」という音が鳴ってしまう場合が非常によく見られます。「しっかりと押さえているのに・・・」という方は、どこかの指がどこがの弦の鳴りを邪魔している、つまりミュートしてしまっているのです。
これは左手の筋力不足などが原因で発生することです。このコードを難なく押さえられるようになることで、ひとつ壁を乗り越えることになるのですが、中々短時間では難しいものです。そして、この「F」のコードのせいでその曲が弾けない・・・ということになってしまうこともあるでしょう。
そのようなときは、そこで立ち止まってずっとFの練習をするか、経別の方法を考えるかです。ここでは別の方法をオススメします。
それは、「Fのコードから6弦のルートを省いて押さえてみる」という方法です。つまり、人差し指でセーハしない方法です。セーハをやめると、実質1弦と2弦もなりません。5〜3弦で鳴らすことになります。しかし、それでも「F」のコードが持つ響きは失われません。Fメジャーであれ、Fマイナーであれ、そのコードの構成音はたった三つです。セーハをやめても、実は構成音を再現出来ているのです。
弾き語りの曲であれば、その部分だけボリューム感が損なわれてしまうかもしれませんが、曲のアレンジによってはそれでも成立します。楽器の上達は、成功体験の積み重ねです。ずっと「できない」よりも「一曲弾けた」という成功体験を積み重ねる方が、上達するものなのです。そのような成功体験を重ねていくことで、気づけば散々苦労した「F」も簡単に押さえられるようになっている、楽器の習得はそのようなものです。
ですから、立ち止まらずに工夫して乗り越えていくことが大切です。「F」が押さえることができず、ギターを諦めてしまう人もいます。ですが、それではあまりにももったいないのです。頑張ってください。

 
 
ページのトップへ戻る