ギター入門〜選び方と弾き方〜

トップページ > 自分のギターはCDみたいな音が出ない?当たり前です

自分のギターはCDみたいな音が出ない?当たり前です

ギターを購入して、最初に気になるところはやはり「サウンド」ではないでしょうか。自宅で鳴らせるような小型のアンプと、ギターを購入したとしても、CDのような音は出ないものです。市販されているCDは多分に漏れず「プロ」が演奏をしています。もちろんその段階で根本的なサウンドが違うのですから、「違って当たり前」ではあるのですが、それにしても「なぜこんなに違うのか」とアタマを悩ませてしまうのではないでしょうか。
それでは、整理して考えてみましょう。まず、使っているギターが違う、ということがあります。同じモデルのギターでも、メンテナンスをしている人が違えばその音は全然違います。そして、アンプもおそらく全然違います。自宅でおとが出せるようなアンプを、プロがレコーディングで使用することはあまり考えられません。そして、ギターとアンプの間に入っている機材もまるで違うでしょう。アナタはもしかするとアンプに直接ギターをつなげているかもしれませんが、プロはそうではない場合がほとんどです。音楽のジャンルにもよりますが、そのギターの音色は様々に工夫されて作り上げられたものです。
試しにギターを何にも繋がずに弾いてみてください。エレキギターの場合は「シャララン」と鳴るその乾いた音色がその楽器本来の音色です。その音を「ピックアップ」と呼ばれるコイルが拾い上げ、電気的に増幅し、アンプが音を発します。拾い上げた音を歪ませず、ただ増幅するだけで聴いてみると、いわゆる「クリーントーン」という音色です。その音色もアンプによって様々です。たとえ、ギターからコンポに直接繋いで弾いてみたとしても、やはり音色はコンポによって様々です。
このように、ギター、それもエレキギターは電気的に増幅された音ですから、それを鳴らす機材、そして経由する機材で大きく音色は変わってくるのです。ギターからアンプまでの道のり、そしてアンプそのものを変えることで、ギターの音色は大幅に差が出るものです。
アナタのギターの音色とCDが違うのは、そのような理由があります。ギターを演奏するうえでは、特にエレキギターの場合は、ギターにまつわる機材の良し悪しが直接音色に影響します。どのようなイメージで、ギターを奏でているかにもよりますが、それが歪んだ音である場合、ギターとアンプだけでは再現が困難かもしれません。ギターとアンプの間を経由する音色を操作する機材群を総称して「エフェクター」と呼ぶこともあります。エフェクターには様々な種類のものがあり、電気的にギターの音色を変化させます。どのようなエフェクターでどのような音色が出るのかは、楽器屋でも知ることが出来ますし、関連書籍でも知ることができます。プロと同じ機材を使用することは不可能であるにしろ、その音色が辿るプロセスを模倣することは可能です。

 
 
ページのトップへ戻る