ギター入門〜選び方と弾き方〜

トップページ > ピックの選び方

ピックの選び方

ギターの奏法にもよりますが、ギターを弾く際には「ピック」というものを用いることが一般的です。フォークギターであれば、いわゆる「フィンガーピッキング」といって右手の指で弦を鳴らすこともあります。ですが、一般的にギターをこれから始める方はアコースティックであれ、エレキであれ、ピック弾きから覚えるのが妥当でしょう。ギターのピックにも様々なカタチ、様々な硬さのものがあります。
これも「どれでもいい」というわけではありません。ピックの硬さや材質によっても、そのサウンドは変化するものです。
それではピックの選び方ですが、アコースティックギターの場合、よく見られる三角形のピックを用いることが多いでしょう。俗にいう「オニギリ型」です。正しくは「トライアングル型」と呼ばれています。
このトライアングル型のピックは、その三つある頂点の全てを使うことができます。つまり、どれか一つの頂点が削れたとしても、残る二つが使えるということになります。このトライアングル型のピックはアコースティックでもエレキギターでも多く用いられる、最も標準的なものになります。
そして、ピックにも様々な「硬さ」があります。ピックの硬さは演奏時の感触と、何よりも「サウンド」に影響します。ピックが柔らかい場合は、演奏時にピックが「しなり」ます。しなると、コードストロークの際に腕の振りに加えてピックがしなった独特のニュアンスを出すことが出来ます。ですから、柔らかいタイプの薄いピックは、アコースティックギターをはじめコードストロークに向いています。
対して「硬い」ピックはしなりません。ソフトなピック独特のしなりによる「モタリ」が起きませんから、「タイト」に演奏することができます。これはロック系の演奏に適しています。ピックのしなりがない分、腕の運動はダイレクトにピッキングに反映されます。これにより、より正確でタイトな演奏を実現することができます。ギターソロなどの演奏はいい例で、硬いピックでないと思うようには弾けないでしょう。
ロック系のギターを演奏する際は、ここで触れた「トライアングル型」のピックではサイズが大きいと感じてしまうかもしれません。そのような時は「ティアードロップ型」いわれる涙型のピックを使ってもいいかもいれません。ティアードロップ型のピックはトライアングル型とは違い、弦を弾く部分が一つです。その分サイズも小さくなっていて、取り回しが容易になっています。ギターソロなどを他用したい場合はオススメです。
ピックはさらに様々な材質のものに分類されます。楽器店でピックを見てみると一つ100円くらいですから、自分の手に馴染む最良のピックを探してると良いのではないでしょうか。硬いモノであれば金属で出来たピックなどもあります。サウンドを大きく左右する点ですから、こだわってみても良いのではないでしょうか。

 
 
ページのトップへ戻る