ギター入門〜選び方と弾き方〜

トップページ > 案外難しいギターのチューニング

案外難しいギターのチューニング

ギターのチューニングに関して改めて触れましょう。ギターのチューニングの基本は、六弦側から数えると「E,A,D,G,B,E」となります。これは開放弦、つまり何も押さえない状態の各弦の音程です。弦の音程が視覚でわかるチューニングメーターなどがあれば、この音程に各弦を調律することは簡単です。ですが、ギターというものは「生楽器」です。なかなか思うように安定しません。
これはギターの弦を張り替えた際に顕著です。ギターの弦はある程度の伸縮性を持っています。そして、金属ですから熱膨張もあります。張ったばかりの弦のチューニングが、一度でピタっと安定することはまずありません。また、ギターのタイプによってはブリッジが弦とボディ側のスプリングとのバランスによってボディに対して支点を残して「浮く」タイプのものもあります。もしご購入されたギターがそのようなタイプであれば、そのスプリングがブリッジを引っ張るチカラもチューニングを左右します。余談ですが、そのようなタイプのギターには例外なく「アーム」が付いていると思います。そのアームは一時的にギターの弦のテンションを変えるものです。上に弾けば音程は高く、下に下げれば音程は低くなります。ギターの弦を鳴らした状態でそれを実践すると、ただのチョーキングでは出すことのできない、ギター全体としてのピッチの滑らかな変更ができるものです。
さて、そのチューニングですが、特にギターの弦を張り替えたばかりのときは絶対に一度では済みません。ギターの弦を張り替えたあとは、一度弦が切れないように弦を力強く鳴らしてみたり、先ほど触れたアームでテンションを高くしたり緩めたりして、真新しい弦を「馴染ませる」必要があります。少しそのように弦に負荷を与え続けたあと、再度弦の音程を確認してみてください。チューナーなどで測ると、音程が狂っていると思います。そしてまたチューニングをして、同様のことを繰り返してみてください。
これは弦を痛めているわけではなく、安定するまで「伸ばす」行為です。馴れた方であれば、自分の弦をどの程度伸ばせばいいのかをしっています。そのような方は張った弦を手で引っ張り、調節したりもします。特にブリッジが支点を残して浮いているタイプのギターは、このプロセスを経てもなかなかチューニングが安定しません。そのような方は、ギターのネック側、ヘッドとのつなぎ目を確認してみてください。おそらく、弦を「ロック」するようなタイプになっていると思います。通常ギターのチューニングはヘッドの「ペグ」を回して行いますが、ロック式のギターの場合はそれだけではなかなかチューニングが安定しません。ですから、ある程度までのチューニングを行ったあとに、ヘッドに差し掛かる部分で一旦「ロック」し、そのあとはブリッジ側で微調整を行うようになっています。
このロック式のギターは、多少チューニングに手間がかかってしまうものの、一旦ロックしてしまえばその後なかなかチューニングが狂いにくいというメリットもあります。

 
 
ページのトップへ戻る